介護士 身だしなみ

いざ介護士になろうとしても分からない事が沢山ありませんか。このサイトでは介護士の基礎知識を書いてゆきます。介護士が気を付けたい身だしなみについて。
MENU

介護士が気を付けたい身だしなみについて。

介護士 身だしなみ

介護士として働く際には、身だしなみに注意が必要です。服装だけではありません。頭髪や爪なども含まれます。
特に介護士は直接利用者に接して介護を行うために、爪などは長く伸びすぎないようにするなどの対応が求められます。

 

 

服装などはカジュアルすぎるのもいけませんが、動きにくい服装もよくありません。
スーツなどは事業所の管理者や責任者が着る程度で、あとはその職場で制服を用意する場合も多いです。
ただし、訪問介護事業所いわゆるヘルパーステーションでは、直行直帰も認められていること、また、私服の方が利用者が気を遣わずに済むこともあって、
身だしなみもそれほど厳しくは言われない傾向も見受けられるとされます。

 

 

なお、施設系の事業所たとえば特別養護老人ホームなどでは、スタッフが着る服装で、その職員が何をメインにしているスタッフなのかが分かるようにしたりしています。
さらに、ワンアクセントを付ける服装、身だしなみで、その事業所のポジションたとえば管理者やケアマネジャーなどといったことがわかるようにしてあることも多いです。

 

介護士などはその人数が多いために、同じ色の服装だけでは無くジャージの色が違うなどのアクセントを付けることで、
事業所における責任の重さなども分かるようにしてあります。

 

 

このように、介護士を含めて事業所ごとによる対応が分かれています。
私服での対応時も、爪は短く切ることの他に髪もなるべく短めにすること、女性の場合は髪をまとめることなどを義務付けたりすることもあります。

 

このページの先頭へ